浜野胃腸科外科

内視鏡専門医による消化器内視鏡検査 日帰り大腸ポリープ切除 八千代市のかかりつけ医

浜野胃腸科外科

メニュー

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

Gastric ulcer and duodenal ulcer

胃潰瘍・十二指腸潰瘍GASTRIC ULCER AND DUODENAL ULCER

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、自ら分泌した胃液の消化作用により、胃や十二指腸の組織が消失・欠損してしまう病気です。これにより痛みが生じたり、出血(吐血や下血)や穴が空いてしまう(穿孔)などの合併症を引き起こす可能性があります。

以前は高率に再発を繰り返し完治困難な病気で、手術が行われることも多くあった病気でしたが、現在ではよい薬が開発され、さらに潰瘍の発症にピロリ菌(Helicobacter pylori)の感染が関与していることが解明されたことにより、除菌治療を行うことでほぼ完治可能な病気となりました。
また、胃潰瘍・十二指腸潰瘍はピロリ菌だけが原因ではなく、消炎鎮痛・解熱薬や骨粗鬆症治療薬の内服、ホルモンの異常、ストレスなどにより発症することが知られています。

また、潰瘍には良性の潰瘍のほかに、がん等の悪性腫瘍が潰瘍をつくることがあり、鑑別診断に注意を要します。そのため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の疑いがあれば、まずは内視鏡検査(胃カメラ)を行い、診断をつける必要があります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の症状は、胃の周の痛みや不快感、吐血や下血(黒色便)があげられます。これらの症状が続く場合は、我慢せずにお近くの消化器内科・胃腸科を受診しましょう。
八千代市にある浜野胃腸科外科では消化器内視鏡学会専門医による内視鏡検査を専門的に実施しておりますので、ご関心のある方は下記よりご参照下さい。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診療の流れFLOW OF COLONOSCOPY

1. 診察・検査

診察・検査

まずは、いつ頃から、お腹のどの位置に、どのような時(空腹時や食後など)に痛みが出るのか、便はどのような色をしているのかなどの問診を行います。
続いて、視診触診により痛みの状態や貧血の状態を確認し、必要に応じて直腸診を行い便の色を確認させていただきます。
触診により消化管穿孔(潰瘍により胃や十二指腸に穴が空いてしまっている状態)が疑われれば、レントゲン検査を行います。吐血や下血を認めている場合には、緊急内視鏡検査を行う場合があります。
消化管穿孔や胃潰瘍・十二指腸潰瘍からの出血がある場合は入院加療が必要となりますので、連携病院へ紹介いたします。

2. 治療薬を内服

治療薬を内服

診察により、入院治療の必要がない状態の胃潰瘍や十二指腸潰瘍が疑われれば、内服治療を開始します。
一般的に胃・十二指腸潰瘍の治療は治癒までに1〜2ヶ月を要しますので、症状が良くなりご自身で「治った」と感じても、処方された治療薬は医師の指示に従って必ず飲み切るようにしましょう。
また、内服治療が開始されて数日の経過でも症状が変わらない場合は、別の病気である可能性もありますので、再度来院していたきその旨をお伝えください。

3. 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)

上部消化管内視鏡検査

内服治療が開始されたのち、症状が改善しても基本的に胃潰瘍・十二指腸潰瘍が疑われた場合は、胃カメラ検査を受けていただくことを推奨しています。
なぜなら、先に挙げた通り、胃・十二指腸潰瘍が悪性潰瘍の場合があるからです。
悪性の潰瘍であっても、内服治療により症状が一旦良くなることがほとんどですが、悪性の潰瘍が内服治療により完治することはありません。悪性であった場合、このまま放置してしまうと、再び症状が出現してくる頃には病状が進行してしまっている危険がありますので、たとえ症状が改善しても胃カメラ検査を受けていただくことをお勧めします。

浜野胃腸科外科医院の特徴

当院では、八千代市でまだ実施している医療機関が少ない鎮静剤を使用した内視鏡検査(いわゆる無痛内視鏡検査)をご希望に応じて実施することで、患者さんの負担を少なくした内視鏡検査の実現を目指しています。
また、当院には東京女子医科大学八千代医療センターや千葉県がんセンターにも勤務する経験豊富な消化器内視鏡専門医・指導医が在籍しておりますので、丁寧な検査と的確な診断が可能と自負しております。
また、これによりスムーズな病診連携が可能で、素早い高次医療機関への紹介転院が可能です。
状態が落ち着けば再び当院へ通院していただくことで、診断・検査からその後の継続的な治療まで、一貫して胃潰瘍・十二指腸潰瘍患者さんのサポートを行っております。
少しでも胃やお腹に異変を感じられる方は、些細なことでも構いませんので、遠慮無くお問合わせ・ご来院ください。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE

TOP戻る