腹痛について|八千代市の浜野胃腸科外科

腹痛について|八千代市の浜野胃腸科外科

八千代緑が丘の浜野胃腸科外科
メニュー
  • アクセス
  • 求人案内
  • 診療時間
  • 腹痛

    Abdominal Pain

    腹痛ABDOMINAL PAIN

    このような腹痛の症状はありませんか?

    • 腹痛と一緒に発熱の症状がある
    • 腹痛が慢性的に続いている
    • 便に血が混ざっている
    • 黒い便が出た
    • 突然お腹に強い痛みが発生し、痛みが続いている
    • だんだん痛みが強くなる

    上記のような腹痛の症状がある方は大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、注意が必要です。
    腹痛は誰しも経験がある症状です。そのため、腹痛は放置していればいつか治ると考えている方も多いのではないでしょうか?確かに特定の治療を行わずとも自然に治癒する場合もありますが、腹痛の裏には大腸癌や胃癌などの病気が隠れている可能性があります。不安のある方は医療機関を受診してください。

    腹痛とは

    腹痛①

    腹痛とは腹部に痛みを訴える症状のことです。生活習慣の乱れやストレスによる自律神経の乱れも腹痛の原因になりますが、消化器系、循環器系、泌尿器系の病気に起因していることも考えられます。隠れた病気のサインとなる場合もありますので放置せずに病院を受診する事が大切です。

    腹痛は主に以下の3種類に分けられます。

    ①内臓痛

    臓器に力が加わり、収縮、伸展、痙攣することで起こる痛みです。何となくお腹が痛い鈍痛で、痛みの場所ははっきりとしません。

    • 例:下痢、便秘
    ②体性痛

    臓器の腹膜にある知覚神経が刺激されて起こる痛みです。突き刺す様な鋭い痛みで痛みの場所がはっきりとしています。当然痛みが起こるので緊急対応が必要になる場合もあります。

    • 例:腹膜炎、虫垂炎、胆嚢炎、急性膵炎
    ③関連痛

    内臓から生じた痛みが神経で繋がっている皮膚や筋肉などの表面から生じているように感じられる痛みです。 お腹の表面が痛むと感じることが多いです。

    • 例:狭心症

    腹痛に関連した病気

    腹痛は短期間な場合は生理的な症状のことが多いですが、数日におよぶ場合、強い場合、血便などの他症状を伴う場合は、病気の一症状として現れている可能性が高いです。このような腹痛の裏には以下のような病気が隠れていることが多いです。腹痛はあくまで疾患の症状として現れるため、本質的にどのような疾患の可能性があるかを知っておくことが重要です。

    上腹部 下腹部
    急性の腹痛 ・胃潰瘍
    ・アニサキス(寄生虫)
    ・胆嚢炎
    ・狭心症
    ・十二指腸潰瘍
    ・急性膵炎
    ・大腸憩室炎
    ・急性虫垂炎
    ・腸閉塞
    ・感染性胃腸炎
    慢性の腹痛 ・胃癌
    ・食道癌
    ・逆流性食道炎
    ・機能性ディスペプシア
    ・慢性膵炎
    ・大腸癌
    ・クローン病
    ・過敏性腸症候群
    ・潰瘍性大腸炎

    上記は一部の例ですが、腹痛症状の場合は様々な消化器疾患の可能性が存在します。特に胃癌や大腸癌、食道癌は死亡率の高い非常に危険な病気です。癌などに関しては他人事と思わずに定期的に病院で検査を受け、早期発見・早期治療を目指す事が大切です。

    腹痛の検査方法について

    腹痛①

    腹痛でご来院頂いた場合、まずは診察を行い、必要に応じて当院では以下の方法で検査を行っております。

    大腸カメラ検査

    大腸カメラ検査は先端にカメラのついたスコープを肛門から挿入し、大腸の中を観察・撮影する検査です。直接大腸の中を観察・撮影出来るので、正確性の高い検査を行うことが出来ます。

    胃カメラ検査

    胃カメラ検査とは、口や鼻からカメラを挿入し、食道や胃、十二指腸の内部に異変がないかを調べる検査です。胃カメラ検査は体内に直接カメラを挿入し胃の中を観察・撮影するため、非常に精度の高い検査方法です。

    腹部エコー検査

    腹部エコーとは超音波を腹部にあて、反射波をもとに腹腔内を観察する検査です。この検査では肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓の疾患を確認することができます。また腹部エコー検査は痛みを伴わず、比較的患者様への負担が軽い検査ですのでご安心ください。

    当院の大腸カメラ検査について

    大腸カメラ検査に対してどのようなイメージをお持ちですか?

    • 「肛門からスコープを入れるのが怖い、痛そう」
    • 「下剤を飲むのが大変だと聞いた事がある」
    • 「初めての大腸カメラ検査になかなか踏み出せない」

    大腸カメラ検査に対して上記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。
    当院では鎮静剤を使った苦しくない大腸カメラ検査を実施しており、初めての方や前回の検査で苦い思いをされた方でも安心して検査を受けていただく事が出来ます。鎮静剤の使用の他にも、豊富な種類の下剤や院内での下剤の服用など、全ての患者様にストレスなく検査を受けていただけるような環境を整えております。詳しくはこちらをご覧下さい。

    腹痛でお悩みの方は当院までご相談下さい

    腹痛①

    当院では腹痛の検査、腹痛を伴う疾患の治療を行っています。
    腹痛は、「よくある症状だから大丈夫」と放置されがちですが、大腸癌、胃癌などのリスクの高い病気の可能性がある症状です。少しでも不安のある方はお気軽に当院までご相談下さい。

    腹痛で受診する際のチェックポイント

    問診と診察の際には、以下のような項目を確認し、症状に応じた適切な治療を行います。

    • 痛みはいつ始まったか
    • 痛みの種類(鈍痛、鋭痛など)
    • お腹のどの部分が痛むのか
    • 痛む場所は移動しているか
    • 急性的な痛みか慢性的な痛みか
    • 腹痛以外の症状はあるか(発熱、下痢、吐き気など)
    • 服用している薬やサプリメントの種類
    • 持病について
    • 排便すると腹痛は楽になるか
    • 精神的にストレスを感じているか
    • (女性の場合)妊娠の可能性はあるか

    消化器専門外来の予約はこちらから

    当院では24時間WEB予約が可能です。簡単に予約ができますので是非ご活用下さい。
    また、予約をせずにご来院いただいてももちろん問題ありません。

    診療案内MEDICAL

    疾患別ページDISEASE PAGE

    症状別ページSYMPTOMS PAGE

    TOP戻る