便秘の原因・症例・治療について|八千代市の浜野胃腸科外科

便秘の原因・症例・治療について|八千代市の浜野胃腸科外科

八千代緑が丘の浜野胃腸科外科
メニュー

便秘

constipation

便秘CONSTIPATION

便秘の原因

トイレ

便は食べ物の残りかすなどの老廃物が大腸の中を進んで行く過程で、水分が吸収されていくことにより適度な硬さになります。便秘は、老廃物を動かす腸のぜん動と、大腸での水分吸収状況に大きく関係すると考えられており、腸のぜん動が弱くなったり、老廃物に含まれる水分の量が減ってしまうだけでも便は硬くなり、便秘になりやすくなります。
また、大腸癌などにより、腸の内腔が狭くなり、老廃物が通過できるスペースが狭くなってしまったことにより、便秘が生じてしまう場合もあります。

便秘のタイプ

① 大腸や直腸の働きの異常による「機能性便秘」

ストレス

もっとも一般的なタイプの便秘であり、偏った食事や運動不足などの生活習慣の乱れや、ストレスにより、腸の働きが低下することで生じるタイプの便秘です。
便秘が解消されない場合は医師に相談して治療を受けることが大切です。

② 便の通過が物理的に妨げられる「器質性便秘」

大腸癌や手術後の癒着、炎症性疾患(クローン病)などのために、腸の構造に異常が起こり、大腸の中を便がスムーズに通過できずに起こる便秘です。

③ その他、糖尿病などの合併症で、神経の働きが不調になってしまった場合

その他、糖尿病などの合併症で、神経の働きが不調になってしまった場合や、抗うつ薬、抗コリン薬(ぜん息や頻尿、パーキンソン病などの薬)などの薬剤により大腸のぜん動を抑えてしまうことにより生じる便秘もあります。
そのため、医療機関受診の際には、これまでや現在の病気の治療歴や、服用しているお薬を伝えられるようにしておくことが大切です。

当院の治療法について

専門医による説明

器質性便秘が除外されれば、生活習慣の是正と内服治療を開始していきます。便秘の治療薬にはさまざまな種類があります。通常はなるべく作用の穏やかなお薬を使いながら、食事や運動に気をつけて、少しずつ自然に排便できるように治療していきます。排便回数も大切ですが、便の形態や息みの緩和など排便の質を向上させることも大切だと考えています。お薬の説明や食事や運動などの日常生活で気をつけるべきことなど。
便秘は誰にでも起こり得る症状です。恥ずかしがらず、まずは一度気楽にご来院ください。患者さんの便秘症状に合わせた適切な治療方法をご提案していきます。

便秘症の原因が大腸癌であることがあります

便秘は、原因が大腸癌である可能性があることを忘れてはいけません。便秘は“大腸癌”を否定した上で投薬治療を行っていくことが大切です。当院では、便秘でお困りの方には一度は大腸内視鏡検査を受けていただくことをおすすめしています。

① 便秘と腹部膨満で受診、レントゲン検査で大腸閉塞の疑い。
腹部レントゲン
② 高次医療機関でCTを撮影し進行S状結腸癌の疑い。
腹部造影CT
③ 緊急大腸内視鏡検査が行われ、進行S状結腸癌による腸閉塞と確定診断。
大腸内視鏡検査
④ 緊急入院後、腸閉塞の治療のため内視鏡的大腸ステント留置術施行。
内視鏡的大腸ステント留置術施行
⑤ 腸閉塞を解除し、後日腸管の拡張が改善してから外科的手術施行。
外科的手術施行

このように、腸閉塞に至ってしまう前に大腸癌はみつけたい病気です。当院では大腸カメラ検査が不安な方や過去に検査が苦痛だったと感じている方にも安心して検査を受けていただけるように、当院では眠って行う大腸カメラ検査も行なえる環境を整えていますので、命に関わる病気で悲しむ方が一人でも少なくなるように、早い段階での大腸カメラ検査をご検討ください。

大腸癌は適切な時期に適切な検査を行うことで、早期の状態で発見することができる可能性が高い癌です。浜野胃腸科外科医院は、適切な検査を提供することで、大腸癌により亡くなってしまう方をゼロにすることを目指しています。検査自体に不安を感じてしまう方も多いと思いますが、正確な診断と苦痛の少ない優しい内視鏡検査を心がけていますので、症状だけでなく検査にご不安のある方も一度ご相談ください。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE

TOP戻る