浜野胃腸科外科

内視鏡専門医による消化器内視鏡検査 日帰り大腸ポリープ切除 八千代市のかかりつけ医

浜野胃腸科外科

MENU

上部消化管内視鏡検査

Endoscope

上部消化管内視鏡検査
(胃カメラ)GASTOROSCOPY

上部消化管内視鏡検査

咽喉頭、食道、胃、十二指腸にできる病気(炎症、潰瘍、腫瘍など)を見つけて、詳細な観察をしたり組織を採取したりして、診断をつけて適切な治療法を検討するための検査です。

現在ではヘリコバクターピロリ菌の感染と胃がん罹患との関連が証明され、ピロリ菌陽性慢性胃炎に対して、除菌治療が積極的に行われるようになってきました。ピロリ菌の感染率の低下に伴い、今後胃がんは減少していくことが予想されていますが、それでもなお、癌罹患率の中で胃がんは上位に君臨しています。
ピロリ菌は幼少期に感染し慢性胃炎を引き起こしますが、慢性胃炎が強く長く存在していた方は特に、ピロリ菌除菌後であっても胃がんを患ってしまうリスクは高いとされており、たとえ除菌治療を行ったとしても定期的な胃がん内視鏡検診の継続が必要となります。

胃がんとは反対に、食道がん(食道扁平上皮がん)は増加傾向にあり、さらに食道癌を患う方は咽喉頭がんのリスクも高く、合併も多く認めます。また、近年食生活の欧米化やピロリ菌感染率の低下に伴い、逆流性食道炎の罹患率が上昇しています。持続する慢性的な食道炎により食道腺がん(バレット癌)が徐々に増えてきており、これらの病変を早期に発見するために、定期的な上部消化管内視鏡検査を受ける必要があります。

このようなとき上部消化管内視鏡検査をお受けください

  • 胃バリウム検査で異常を指摘された
  • ピロリ菌がいると指摘された
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘された
  • みぞおちのあたりに痛みがある
  • のどに詰まる感じがある
  • 胸焼け、胃もたれ感がある
  • 食欲が出ず、吐き気がある
  • 飲酒すると顔が赤らむが、長年飲酒の習慣がある

苦痛の少ない
上部消化管内視鏡検査GASTOROSCOPY OF LESS PAINFUL

従来の口からの内視鏡(経口内視鏡)と、鼻から挿入する内視鏡(経鼻内視鏡)のどちらもお選びいただけます。

経口内視鏡と経鼻内視鏡のどちらもお選びいただけます

口からの内視鏡は検査時間が短く(5分程度)、経鼻内視鏡に比べ画像も高画質で拡大内視鏡検査が可能なため、より正確な診断が可能という特徴があります。「オェッ」という咽頭反射の少ない方には経口内視鏡をお勧めします。

経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べ検査時間が長くなります(8分程度)が、咽頭反射が少なく、会話しながら検査が出来るといった特徴があります。当院で採用している最新の経鼻内視鏡では、経口内視鏡には劣るものの画質の向上が図られており、病気の拾い上げのスクリーニング検査であれば、問題となることはありません。

  経鼻内視鏡検査 経口内視鏡検査
挿入経路 鼻から挿入

鼻から挿入

口から挿入

口から挿入

内視鏡の外径 5~6mm

5~6mm

9~10mm

>9~10mm

画質 低画質(通常の検査では十分な画質) 高画質
検査中の辛さ
  • 嘔吐反射が少ない。
  • 鼻腔が狭いと痛みが生じることがある。
  • 嘔吐反射がある。
    (鎮静剤を使用すれば軽減する。)
検査中の会話 可能 不可能
検査時の注意点
  • 鼻腔が狭いと検査できない場合がある。
  • 鼻出血することがある。
  • 鎮静剤を使用した場合、稀に副作用が起こることがある。
    ※詳しくは、「鎮静下内視鏡検査」ページをご確認ください。

鎮静下内視鏡検査

これまで受けた内視鏡検査で不快な思いを抱いてしまった方や、はじめての検査で恐怖感があるという方は、ご希望に応じて鎮静剤を用いた内視鏡検査(いわゆる無痛内視鏡検査)をお勧めしています。
この方法は、のど麻酔に加えて点滴で鎮静剤を投与することで、ウトウトしている間に検査を終わらせてしまう苦痛緩和法です。

上部消化管内視鏡検査の流れFLOW OF GASTOROSCOPY

診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • お薬手帳(常用薬の内容がわかるもの)
  • 検診の結果等がある場合は、その結果一式

検査予約

食事水分の制限はありません。

説明指導・治療処置
  • 問診・診察を行います。
  • 現在内服中の薬について確認します。
  • 検査の予約を行います。

検査前日

食事は21時以降は食べないでください。水分は、21時以降も水・お茶は摂取可能です。

説明指導・治療処置
  • 常用薬は事前の指導に沿って服用してください。

検査当日(検査前)

食事は食べないで下さい。水分は、検査の1時間前まで水・お茶は摂取可能です。

説明指導・治療処置
  • 常用薬は事前の指導に沿って服用してください。
  • 診察券・承諾書・問診票を提出して受付してください。
  • 鎮静による検査をご希望される場合は、点滴を行います。
  • 胃の中の泡を消すお薬を服用します。
  • のどや鼻の麻酔をします。
  • 内視鏡検査を行います。

検査当日(検査後)

食事は検査後、1時間程度で麻酔が切れますので食べることが出来ます。組織検査を行った場合は、当日のアルコール・辛いものの摂取はお控えください。
水分は、検査後、1時間程度で麻酔が切れますので飲むことが出来ます。

説明指導・治療処置
  • 画像を見ながら検査結果説明があります。
  • 帰宅後、何かございましたら病院までご連絡ください(嘔吐反射が強かった場合、腹部に筋肉痛のような症状がしばらく残ることがあります)。
  • 組織検査を行った場合は、2週間後に結果が分かりますので、来院してください。
  • 中止していた常用薬がある場合は、再開時期の指示を受けてください。
鎮静剤を用いた場合

検査の苦痛緩和のため鎮静剤を用いて検査を行った場合、検査終了後しばらくの間ふらつき、眠気、視力低下、一時的な物忘れなどがみられることがあります。検査の後1時間ほどリカバリールームで休んでいただきますが、検査当日は事故予防のため車、オートバイ、自転車などをご本人が運転することはできませんので、来院の際には公共交通機関をご利用ください。

また、検査終了後同日に重要な判断を要する仕事を行うことは避けてください。なお、ご高齢の方はこれらの症状が強めに出る場合がありますので、できる限りご家族と一緒に来院してください。

内視鏡検査ENDOSCOPE