浜野胃腸科外科

内視鏡専門医による消化器内視鏡検査 日帰り大腸ポリープ切除 八千代市のかかりつけ医

浜野胃腸科外科

メニュー

胸焼け・逆流性食道炎

heartburn・reflux esophagitis

胸焼け・逆流性食道炎HEARTBURN・REFLUX ESOPHAGITIS

このような症状をお持ちですか?

  • 胸焼けがする
  • 慢性的に吐き気がする
  • みぞおちの辺りに痛みが頻繁に生じる
  • 胃の不快感がよくある
  • げっぷがよく出る
  • 喉がつまる感じがする

これらの症状をお持ちの方は逆流性食道炎の可能性が高いです。

逆流性食道炎とは

胸やけ

逆流性食道炎は、上記のような胃食道逆流症状が繰り返されることで、食道粘膜がただれてしまう消化器系の病気です。胸のあたりに生じる比較的強い痛みのため、狭心症といった心臓の病気と思ってしまうことも多くあります。

逆流性食道炎はこれらの症状を引き起こす以外にも、バレット食道がん(食道腺がん)の原因になると言われています。ちなみに、胃食道逆流症状が週に1回以上ある場合、症状のない方と比較すると食道腺がんになるリスクが7.7倍高いと報告されています(N Eng J Med.1999,340(11):825-831)。
そのため、逆流性食道炎の疑いがある場合は、我慢をせずに積極的に検査・治療を行うことをおすすめします。

なぜ胸焼け・逆流性食道炎が起こるのか

胸やけ2

食道と胃は基本的には一方通行です。これは食道と胃の間に下部食道括約筋と呼ばれる胃食道逆流を防ぐための筋肉があるためです。
しかし、食道裂孔ヘルニアなどにより括約筋が緩んでしまった場合に、逆流防止機能が弱まり、胃酸の逆流(胸焼け)が起こりやすくなります。もともと逆流性食道炎は欧米諸国で多くみられる病気でしたが、日本人の食生活の変化やピロリ菌感染率の低下に伴い、近年では日本国内でも逆流性食道炎を患う方が多くなってきており、八千代・船橋エリアでも逆流性食道炎の患者さんは増えています。

また、食べ過ぎたり油っぽいものを摂取したりすると、胃の中に食べたものが残りやすいため、胃酸がたくさん分泌され続けるため胃食道逆流の症状が起こりやすくなりますし、太ってしまったり、お腹を圧迫するような服を着たりすると腹圧がかかりやすくなり症状が出やすくなります。
また、便秘も胃食道逆流症状の原因になりますし、姿勢が猫背になってしまっても胃食道逆流が起こりやすくなると言われています。

当院の胸焼け・逆流性食道炎の治療方法

治療方法

まずは一度外来受診をしていただき、その際に症状を確認させていただきます。
一人一人にあった治療方法を提案いたしますが、基本的には胃酸の分泌を抑制するタイプのお薬を処方させていただくことが多いです。その上で、皆さんの症状の具合によって消化管の運動機能を改善するお薬や漢方薬などを追加処方させていただくこともあります。
生活習慣の改善が必要な場合も多くありますので、無駄な投薬にならないように、一歩一歩、患者さん一人一人にあわせたお薬の選択や生活指導を行っていきます。

だた、上記にあるように、食道腺がんのことを忘れてはなりません。症状の改善を目指すことはもちろん大切ですが、命に関わる重大な病気を見逃す訳にはいきませんので、一度は胃カメラ検査を受けていただくことをおすすめします。当院では、眠って行う胃カメラ検査経鼻内視鏡検査も行なっています。検査が不安な方や過去に検査が苦痛だったと感じている方にも安心して検査を受けていただける環境を整えていますので、命に関わる病気で悲しむ方が一人でも少なくなるように、早い段階での胃カメラ検査をご検討ください。

逆流性食道炎の治療において重要なことは、命に関わる重大な病気でないことを確認した上で、処方されたお薬の内服や生活習慣の是正により胃食道逆流症状がするまでしっかり治療することが大切です。
また、逆流性食道炎は再発する可能性が高い病気ですので、症状緩和後も食事などの日常生活には気を配る必要がありますので、力を合わせて粘り強く治療を行なっていきましょう。

まずは一度ご来院ください

当院は症状緩和のための治療はもちろんですが、食道がん・胃がん・大腸がんによって亡くなってしまう方をゼロすることを目指しているクリニックです。
消化器専門クリニックとして八千代・船橋エリアの健康維持に、責任を持って貢献していきたいと考えていますので、少しでも症状で気になることがある方は、遠慮無く当院を受診してください(消化器専門外来のネット予約もご利用ください。予約なしでのご来院ももちろん対応しております)。
逆流性食道炎は早期の検査・治療と、その後の定期的な通院が大切な病気です。八千代緑が丘駅より徒歩1分で、通院が非常に楽な当院をご利用ください。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE

TOP戻る