浜野胃腸科外科

内視鏡専門医による消化器内視鏡検査 日帰り大腸ポリープ切除 八千代市のかかりつけ医

浜野胃腸科外科

MENU

逆流性食道炎・胸焼け

reflux esophagitis・heartburn

逆流性食道炎・胸焼けREFLUX ESOPHAGITIS・HEARTBURN

このような症状をお持ちですか?

  • 胸焼けがする
  • 慢性的に吐き気がする
  • 胃痛が頻繁に起こる
  • 胃の不快感がよくある
  • げっぷがよく出る
  • 喉がつまる感じがする

これらの症状をお持ちの方は逆流性食道炎の可能性が高いです。

逆流性食道炎とは

胸やけ

逆流性食道炎は胸焼け(胸のあたりで苦しい違和感を覚えたり、食後に胸周辺で焼けるような痛みを感じること)が繰り返し行われることで、食道粘膜がただれて炎症を引き起こされる消化器系の疾患です。逆流性食道炎の際には、食道内の炎症に伴い、胸を中心に強い痛みを感じます。
逆流性食道炎は胸の痛み以外にも、バレット食道がんの原因になると言われています。逆流性食道炎の疑いがある場合は、放置せずに治療ををおすすめします。
もともと逆流性食道炎は外国で多くみられる病気でしたが、日本人の食生活の変化やピロリ菌感染率の低下に伴い、近年では国内でも多く逆流性食道炎を発症される方が多くなってきているのが現実です。日本人の誰が逆流性食道炎になってもおかしくない時代です。これは八千代・船橋エリアでも同じことです。

なぜ胸焼け・逆流性食道炎が起こるのか

胸やけ2

食道と胃は基本的には一方通行です。これは食道と胃の間に下部食道括約筋と呼ばれるバルブの機能を果たす筋肉があるためです。しかし、食道裂孔ヘルニアなどにより括約筋が緩んでしまった場合に、バルブの機能が弱まり、胃酸の逆流(胸焼け)が起こりやすくなります。
また、胃に負担がかかるような量の食事を摂ると、胃酸がたくさん分泌され、胃の収縮しようとする力が強まり、胃酸が食道まで押し上げられやすくなります。
上記のような理由で胃酸が食道内へ逆流することで、食道に炎症を引き起こし逆流性食道炎となります。

当院の胸焼け・逆流性食道炎の治療方法

治療方法

まずは一度外来受診をしていただき、その際に患者様の症状を確認させていただきます。その後適切な治療方法を提案させていただきますが、基本的には胃酸の分泌抑制をしてくれるお薬を処方させていただくことが多いです。患者さんの容態や逆流性食道炎の具合によっては消化管の運動機能を促進するお薬を処方させていただく場合もございます。いずれにせよ、消化器専門医が患者さんお一人お一人にあわせたお薬を処方するのでご安心下さい。
逆流性食道炎の治療において重要なことは完治するまで治療をしっかりと続けることです。そのため、処方されたお薬の内服や生活指導は逆流性食道炎が完治するまでしっかり守ることが大切です。また、逆流性食道炎は再発の可能性が大きい消化器疾患ですので、症状緩和後も食事や日常生活には気を配る必要があります。
当院は八千代緑が丘駅の近くにあるクリニックですので、通院が非常に楽です。八千代市、船橋市の方は症状の寛解が得られるまでまでしっかりと通院し治療を続けていきましょう。

お問合わせ

浜野胃腸科外科では八千代市・船橋市にお住まいの方を中心に胸焼け・逆流性食道炎の治療を積極的、かつ専門的に行っております。消化器専門クリニックとして八千代・船橋エリアの健康に責任を持って貢献していきたいと考えています。少しでも症状や不安のある方はご遠慮無く浜野胃腸科外科までお問合せください。
些細なことでも全く構いません。逆流性食道炎は早期治療、定期的な通院が大切です。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE