便潜血の相談と胃カメラ・大腸カメラ検査について|八千代市の浜野胃腸科外科

便潜血の相談と胃カメラ・大腸カメラ検査について|八千代市の浜野胃腸科外科

八千代緑が丘の浜野胃腸科外科
メニュー

便潜血

fecal occult blood

便潜血FEACAL OCCULT BLOOD

便潜血検査が陽性だった方へ

便潜血

健康診断などの際に実施した便潜血検査(大腸癌検診)で陽性反応が表れた方はいらっしゃいませんか?便の見た目に異常が無くても、便潜血検査が陽性だった場合、消化管から、じわじわと出血していることが予想され、胃がんや大腸がん、直腸がん、痔などの病気である可能性があります。
“がんなのかそうでないのか”を早期に診断する必要がありますので、まずは精密検査による正確な診断が必要になります。
浜野胃腸科外科では便潜血で陽性反応が表れた方には大腸カメラ検査の実施を推奨しております。

便潜血陽性を放置すると、、、

便潜血

「便潜血陽性=消化管から出血している」です。「便潜血検査は大腸がん検診」ですので、大腸がんである可能性も十分にあり、早急な検査・治療が必要です。便潜血陽性の状態で医療機関を受診せずに放置をしていると下記のような可能性があります。

  • 大腸がんが進行し、手遅れな状態で見つかる
  • 出血している状態が続き、常に貧血気味になる

上記は一例ではありますが、いずれにせよ便潜血陽性を放置しておくのは危険です。早めに医療機関で精密検診(大腸カメラ検査)を受けましょう。

浜野胃腸科外科の大腸カメラ検査

便潜血

 浜野胃腸科外科の大腸カメラ検査は苦痛の少ない内視鏡検査となることを目指しています。
詳細は下記リンクよりご確認ください。

便潜血検査は消化管に疾患がないか簡易的に検査をすることができますが、進行したがんを見落としてしまうことが時折あります。
便潜血検査が陽性だった方だけでなく、陰性だった方も、便の状態に不安を感じている方は是非一度は大腸カメラ検査をお受けください。便潜血検査はあくまで参考になる指標の一つとして捉え、ご自分の体調や便の状況で、少しでも不安な場合は遠慮無くご相談ください。
また、便潜血検査で陽性反応が出ているにも関わらず、大腸カメラ検査で異常がなかった場合、症状に応じて胃カメラ検査を追加実施することがあります。浜野胃腸科外科の胃カメラ検査は、丁寧な内視鏡操作と希望に応じて鎮静剤を使用し麻酔をかけた様な状態で検査を行うことにより、患者さんの負担軽減に努めています。

胃がんや大腸がんは適切な時期に適切な検査を行うことで、早期の状態で発見することができる可能性の高いがんです。
当院は、適切な検査を提供することで、胃がんや大腸がんにより亡くなってしまう方をゼロにすることを目指しています。
検査自体に不安を感じてしまう方も多いと多いと思いますが、正確な診断と苦痛の少ない優しい内視鏡検査を心がけていますので、症状だけでなく検査にご不安のある方も一度ご相談ください。

便潜血陽性の方は当院へ

便潜血

便潜血陽性の方はまずは一度外来を受診してください(インターネット上で先に大腸カメラ検査の予約をしていただいても問題ありません)。外来を受診していただいた際に、大腸カメラ検査の説明や予約のご案内をいたします。大腸カメラ検査は早めに受けた方が良いですが、即日実施できる検査ではないので、まず早めに外来を受診しましょう。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE

TOP戻る