浜野胃腸科外科

内視鏡専門医による消化器内視鏡検査 日帰り大腸ポリープ切除 八千代市のかかりつけ医

浜野胃腸科外科

MENU

便潜血・血便

fecal occult blood・bloody stools

便潜血・血便FEACAL OCCULT BLOOD・BLOODY STOOLS

血便の方へ

胃腸

排便をしたら出血していた、便に血液が混ざっていた、という経験がありませんか?これらは血便と呼ばれる症状であり、消化管に関連する疾患発症の明らかなサインです。
血便は排便の際に血液のみが排泄される場合や便に血液が混ざっている場合など、状況は様々ですが、注目すべき点は血便の量と色です。

血便の量

トイレ

出血の量が多い場合、「胃や大腸に潰瘍や腫瘍が出来ている」、「食道静脈瘤や大腸憩室から出血している」、「大腸に炎症が起きている」などの可能性があります。
短期間に何度も多量に血便を認める場合は、命に関わる緊急事態のこともありますので、早急に医療機関に相談してください。

血便の色

血便が認められた場合、出血する部位は胃、十二指腸、大腸、肛門などが主であり、体内で便が通る全ての消化器に出血の可能性があります。
当然、出血箇所がどこかにより発症している疾患が推測されますが、ここで重要なことは血便の(血液の)色です。

  • 肛門付近で出血が発生している場合は鮮やかな赤色
  • 十二指腸や大腸で出血が発生している場合は黒みのかかった赤色(血液の塊を伴うことが多いです)
  • 胃で出血が発生している場合は真っ黒(タール便と言われています)

上記のように、肛門から遠くなれば遠くなるほど便の色は黒みを増していきます。これは血液中に含まれる鉄分を肛門に向かう最中に酸化され、それが便の色に反映をするためです。
自分で血便の色の判断が出来る場合は医療機関を受診した際に、担当医師に血便の状況を伝えるようにしましょう(出来れば写真を撮って来て下さい)
また、腹痛や下痢など血便以外の症状も伴っている場合はこちらもお伝えください。
診断・治療を行っていくうえで、とても重要な情報となります。

ほとんどの場合、血便が生じる疾患は医療機関での治療が必要となります。
八千代市・船橋市近郊で血便にお悩みの方は浜野胃腸科外科へ一度ご相談ください。

便潜血検査が陽性だった方へ

 健康診断などの際に実施した便潜血検査(大腸癌検診)で陽性反応が表れた方はいらっしゃいませんか?便の見た目に異常が無くても、便潜血検査が陽性だった場合、消化管から、じわじわと出血していることが予想され、胃がんや大腸がん、直腸がん、痔などの病気である可能性があります。
“がんなのかそうでないのか”を早期に診断する必要がありますので、まずは精密検査による正確な診断が必要になります。
浜野胃腸科外科では便潜血で陽性反応が表れた方には大腸カメラ検査の実施を推奨しております。

浜野胃腸科外科の大腸カメラ検査

 浜野胃腸科外科の大腸カメラ検査は苦痛の少ない内視鏡検査となることを目指しています。
詳細は下記リンクよりご確認ください。

便潜血検査は消化管に疾患がないか簡易的に検査をすることができますが、進行したがんを見落としてしまうことが時折あります。
便潜血検査が陽性だった方だけでなく、陰性だった方も、便の状態に不安を感じている方は是非一度は大腸カメラ検査をお受けください。便潜血検査はあくまで参考になる指標の一つとして捉え、ご自分の体調や便の状況で、少しでも不安な場合は遠慮無くご相談ください。
また、便潜血検査で陽性反応が出ているにも関わらず、大腸カメラ検査で異常がなかった場合、症状に応じて胃カメラ検査を追加実施することがあります。浜野胃腸科外科の胃カメラ検査は、丁寧な内視鏡操作と希望に応じて鎮静剤を使用し麻酔をかけた様な状態で検査を行うことにより、患者さんの負担軽減に努めています。

胃がんや大腸がんは適切な時期に適切な検査を行うことで、早期の状態で発見することができる可能性の高いがんです。
当院は、適切な検査を提供することで、胃がんや大腸がんにより亡くなってしまう方をゼロにすることを目指しています。
検査自体に不安を感じてしまう方も多いと多いと思いますが、正確な診断と苦痛の少ない優しい内視鏡検査を心がけていますので、症状だけでなく検査にご不安のある方も一度ご相談ください。

診療案内MEDICAL

症状別ページCONDITION PAGE